重要なデータを守る PC復旧・修理の知識

パソコンが壊れたときのために修理・復旧するための準備をしておくべき。自分の体験から語ります。

重要なデータを守る PC復旧・修理の知識

パソコンを修理・復旧させるための準備は怠りなく!

みなさんは普段パソコンのどこにデータを保存していますか?デスクトップ?ライブラリ?専用フォルダ?私はパソコンの中に画像や動画などをためていました。しかしこれはかなり危ないのです。もし故障して修理に出したらどうなるのか?答えは簡単、データがすべて失われてしますのです。たとえパソコンが復旧してもです。

パソコンを修理・復旧する場合、いったんデータを完全に消すことになるのです。例えばパソコンが起動しなくなったとします。電源をつけられないのだからそのパソコンに入れられている情報を取り出すことはできません。そのまま修理に出したとしたら起動しない原因を探すために初期化をするでしょう。そうすると今までのデータは消滅します。仮に成功したとしても初期化をしているので手元に戻ってくるときは買ったときの状態になってしまうわけです。だからたとえなおったとしてもデータは永遠に失われてしまいます。せっかく集めた音楽、思い出の写真、途中まで書いたレポート、全部消えてしまいます。ではどうしたらよいのでしょうか?

とりあえずデータのバックアップをしましょう。データをコピーしてUSBやハードディスクに移しておくのです。これでパソコン本体からデータが消えてしまっても、新しいパソコンや修理から戻ってきたパソコンにまた情報を移すことができます。実は私は最近パソコンを修理に出し、データ消滅の憂き目に遭いました。苦い思いをする前に、復旧しようとしなくとも消えてしまうお宝を避難させませんか?

優良情報を探しているなら