重要なデータを守る PC復旧・修理の知識

パソコンの修理・復旧ってお客様センターに電話することが多いのですが、園スタッフが外国人のこともあるようですよ

重要なデータを守る PC復旧・修理の知識

パソコンの修理・復旧が海外にいってるかも

パソコンの修理・復旧って思った以上に時間がかかります。なんだかわからないうちに壊れたことって、メーカーのお客様センターに電話するしかないなって思うのですが、その電話がなかなかつながらないことってありますよね。

企業としては、お客様のクレームやサポートに、収入の2割ぐらいの費用をつぎ込んでいるようです。そして、実際2割ぐらいはどうしてもそういう直接お金にならないことっていうのが付きまとうそうです。そう考えると、企業もけっこう大変なんでしょうね。ただ、このコストって、お金にならないのに、かならず発生するので、ここを削減することが企業にとっては死活問題となるようです。あまりいい加減な対応をしても、今後の販売に影響が出てこないとも限らないですし。何よりネット時代になって、口コミの威力は想像以上に大きいものですから。そこで、企業の中には、その業務を海外に持っていくということをしているところもあるようです。そうすると、コストがかなり減らせるようで、なかなか大胆な考えですね。そういうところから、日本語の需要というのもあるようです。ある会社では、外国の社員だというのに、外国人特有の日本語のなまりすらなく、綺麗な標準的な日本語を話すスタッフを常駐しているようです。そういうことができるようになったのは、日本の会社が安定していて、定評があることにあるようです。かけたコストに対して、リターンが不安定だと、人はなかなかがんばって何かをしようとは思わないものですが、そのリターンがかなりいいものだったら、努力しがいはありますよね。そういう意味では、日本語もずいぶんと力をもったものだと思います。企業の力ともいえるでしょうね。

優良情報を探しているなら